こんにちは!豊中市などの大阪府をはじめとした京阪神全域で、とび工事などの足場工事一式を中心に施工を請け負っています、株式会社鈴木興業です。

どんな職人にも日々心がけていることがあるものです。
そこで今回は、『鳶職人が日々心がけていること』という話題を取り上げましょう。

目の前の仕事に集中


目の前の仕事に集中することを心がけています。
作業に慣れてくるとどうしても別のことを考えながら作業をしてしまうものですが、それが思わぬ事故を呼び込むきっかけになることもあります。

もちろん次の工程について考えることは必要なのですが、一つひとつの作業を完結してから次へ進むというふうにしています。
そうすることで、かえって仕事がはかどるようになりました。

自分の頭で考える


自分の頭で考えることを心がけています。
もちろん「報連相」を徹底した上でのことです。

毎日の作業の中で、もっと効率的になる方法はないかと考えたり、次になにが必要かを考えたりすることで、結果的にチーム全体の効率性の向上が見込めます。
自分の頭で考えることができるようになると、日々の仕事が格段に面白くなります。

声を掛け合う


お互いに声を掛け合うというのは、鳶職の基本です。
そうすることで危険を回避することができますし、作業の効率性を上げることにもなります。

最初は声が出なかった方も、続けるうちに驚くほど大きな声が出るようになりますし、その頃にはみんなと打ち解けています。
声掛けは、コミュニケーションツールの一種なのかもしれませんね。

ここまで、『鳶職人が日々心がけていること』という話題を取り上げましたが、いかがでしたか?
こらからもお役立ち情報や豆知識をお届けして参ります。

各種足場の施工スタッフを急募!

鳶職の“スペシャリスト”を目指そう!
鳶職の“スペシャリスト”を未経験からでも目指せる会社です!
大切なのは「鳶職になりたい」という気持ちです!
ベテランの鳶職人が確実にご指導いたしますので、きちんと仕事を覚えて活躍できます!

「どうしても、鳶になりたい」
「鳶職の魅力を知りたい」
株式会社鈴木興業であれば、そんな気持ちに応えることができます!

定着率がよくて、チームワークのいい会社です!
鳶の“スペシャリスト”として、足場工事に携わりませんか?
お気軽に求人情報ページからご応募ください。

足場なら鈴木興業へ!

各種足場は、鳶職の“スペシャリスト”・株式会社鈴木興業にご依頼ください!
主に施工しているのは京阪神全域ですが、遠隔地からのご依頼・ご相談も承っておりますので、まずはお問い合わせください。

たくさんのご応募、お問い合わせを心よりお待ちしています!


足場工事・とび工事は豊中市の株式会社鈴木興業
ただいまとび・足場工事スタッフ求人中です!
〒560-0003
大阪府豊中市東豊中町6丁目13-1
電話/FAX:06-7502-4457