こんにちは!株式会社鈴木興業です。
大阪府豊中市を拠点に関西一円で、マンションなどの大型建設物の足場工事を請け負っております。
建築現場に関わる多くの人が利用するの「足場」。
だからこそ「足場」は、「人の命を載せる場所」と言い換えることができます。
今回は、前回の記事の後編になり、社会が求める価値ある足場工事の仕事をご紹介していく記事になっております。
ぜひ、最後までおつきあいください。

高層建築に欠かせないタワークレーン設置


高層ビルやマンションの建築に必要不可欠なものはタワークレーンです。
多くの皆様が、建築中のビルの最上部に悠然と立っているタワークレーンを見たことがあると思います。
これは移動式のクレーンとは別物です。
重機などの設置スペースのない敷地が狭い場合の建設に向いています。
作業が終了すれば解体して、次の建設現場に移動した後に再利用されます。

慎重さが肝心の工事用エレベーター設置

高さがある建造物の施工には、揚重運搬機械が欠かせません。
設置には強度や構造物との納まりによって、機械の搬入組立て及び解体搬出方法まで配慮の上で計画を立てなければならないのです。
組立てや解体の際には高所作業となります。
危険を伴う作業も確かにあるので、入念な打ち合わせが作業開始前に必要です。

足場の組み方が腕の見せ所!

一般の方からすれば、どれも同じ足場に見えるかもしれませんが、足場の組立ては千差万別です。
組み方によって、とび職の知識や経験が浮き彫りになるでしょう。
材料を搬入する際も、その折々の現場の状況によって運びやすいものを用いるように考慮しなければなりません。
腕利きのとび職は、最優先して入念に現場の下見を行います。
その上で、現場に適した材料を決めて搬入する順番までもあらかじめ決めているのです。
組み立て作業に入る時には、組立てと同時に解体することも考えながら仕事をします。
足場の組立て場所は、建物の周辺だけではありません。
建物内の可能性もあり、出来上がりの状態を具体的にイメージして、どのタイミングでどこから解体するのがベストなのかを、組立て段階から考えているのです。
建設作業の流れに余計な影響を与えずに、周辺の状態を見守りながら対応していくことも、とび職の実力です。

【求人】鈴木興業では新規スタッフを募集中!


弊社では、足場工事に関わる現場スタッフを募集しています。
経験は問いません。
ベテラン作業員が懇切丁寧に指導しますのでご安心ください。
仕事中は真剣ですが、現場を離れたら和気藹々とした仲間です。
皆様からのご応募を心よりお待ちしております。
お気軽に採用情報ページからご連絡ください。
最後までご覧頂き誠にありがとうございました。


足場・とび工事は大阪府豊中市の(株)鈴木興業
ただいまとび・足場工事スタッフ求人中です!
〒560-0003
大阪府豊中市東豊中町6丁目13-1
電話/FAX:06-7502-4457